女流官能小説作家『鷹澤フブキ』トップページ

※フレームが表示されない場合はこちらをクリックしてください! (目次が表示されません)※


近況のお知らせ(お仕事など)


  各メディア媒体への掲載や新刊の予定、

  新しい武器(SMグッズ)の入荷など、最新の情報をお届けしま〜〜〜す!

著 書 紹 介

日 記 の よ ー な も の



 好評連載中

  サンケイスポーツ  『ソフトSMのすすめ』 (毎週土曜日掲載)



2011年09月
2011年09月に河出書房新社から書き下ろし長編小説
「もっと淫らに」が発売されました。
2011年09月22日

2011年05月
2011年05月07日から7月2日まで、
日刊ゲンダイにて官能小説『EDなんて怖くない』を連載していました。
(土曜日のみ、全9回  連載終了)
2011年09月22日

2011年01月
2011年01月11日より、
東京スポーツ新聞にて連載官能小説『痴女志願』がスタートしました♪(連載終了)

新米痴女の成長ぶりと殿方を翻弄するテクが見所です。
2011年02月17日

2010年07月
株式会社 無双舎からお姉さま超愛技官能小説
『誘う指先』が発売されました。 
2011年02月17日

2010年04月
株式会社 無双舎から書き下ろし官能小説
『微熱看護』が発売されました。 
2011年02月17日

2010年04月
河出書房新社から女流官能アンソロジー
『人妻たちの秘宴』 (河出i文庫)が発売されました。

短編小説『乗って、乗られて』が掲載されています。 
2011年02月17日

2009年07月
2009年07月21日発売の綜合図書 『特選小説』に
短篇小説 『狩人の休日』が掲載されました。 
2011年02月17日

2009年05月
2009年05月21日発売の綜合図書 『特選小説』に
短篇小説 『年下の男』が掲載されました。 
2011年02月17日

2009年02月
2009年02月22日発売予定の祥伝社発行『小説NON』に
短篇小説「ギンギン」が掲載されました。

これはホストをテーマにした作品です。

個人的に若いチャラけたお兄ちゃんは苦手なので、
リストラされた四十代の男性が新人ホストとして奮闘するストーリです。

銀座や湯島あたりの高級クラブでのホステスの経験もある鷹澤フブキが描くと
ホストの世界もこうなります。 
2011年02月17日

2009年01月
2009年01月21日発売の綜合図書 『特選小説』に
短篇小説 『淫らぼくろ』が掲載されました。 
2011年02月17日

2009年01月
2009年01月10日から日刊ゲンダイにて
短編小説『人妻だから』の連載が始まりました。
(土曜日のみ掲載 計8回 連載終了)

卒業するまではと、教え子に手を出せずにいた高校教師。
卒業後に関係を求めると彼女は逃げるように去ってしまった。
十年後、人妻になった彼女と同窓会で再会すると……。
人妻がセーラー服を着て、淫らに迫ります。 
2011年02月17日

2008年11月
2008年11月21日発売の綜合図書 『特選小説』に
短篇小説 『絶対服従遊戯』が掲載されました。 
2011年02月17日

2008年11月
東京スポーツ新聞にて、SMチックなコラム記事『絶対服従ゲーム』の連載が始まりました。
(連載終了) 
2011年02月17日

2008年10月
2008年10月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『キケンな課外授業』が掲載されました。
2008年10月23日

2008年07月
2008年07月30日発売の集英社『BJ魂』(ビジネスジャンプ増刊号、ビージャンこん)に、
『魔破−画竜点睛−』が掲載されました

私が原作を、岩田和久先生が作画を担当した作品です

2008年07月18日

2008年07月
2008年07月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『狩人の復讐』が掲載されました。
2008年09月29日

2008年06月
 livedoorのドアマガにて、短篇小説『おれだけのハーレム』の配信がスタートしました。
(配信終了)
2008年06月30日

2008年06月
2008年06月18日に、二見書房マドンナメイト文庫から
長編官能小説『巨乳OL 〜恥辱の調教〜』が発売されます。

スポーツニッポンにて連載していた官能小説 『嬲られたいの』を加筆修正したものです。
2008年05月27日

2008年06月
2008年06月13日発売の講談社『FRIDAY』(06月27日号)に
短いですが、コメント記事が掲載されました。
2008年06月13日

2008年06月
日刊ゲンダイにて、短篇官能小説『官能作家の秘めごと』の連載が始まりました。
(連載終了 ケータイサイトから読むことができます)

ゲンダイ携帯新書    http://104book.jp/
2008年05月27日

2008年05月
2008年05月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『白衣の小悪魔たち』が掲載されました。
2008年05月27日

2008年04月
2008年04月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『人妻、淫ら縄』が掲載されました。
2008年04月20日

2008年02月
2008年02月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『潮騒の宿』が掲載されました。

なぁんと、男の潮吹きシーンが登場します。
2008年02月19日

2007年12月
2007年12月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『天使の裏の顔』が掲載されました。
2007年12月12日

2007年11月
2007年11月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『戒めのピアス』が掲載されました。

2007年12月12日

2007年10月
集英社『週刊プレイボーイ』NO.45号(11月5日)の
「MY官能小説、このエロ描写でヌケ! 7連発」のコーナーに
コメント記事が掲載されました。
2007年11月02日

2007年09月
2007年09月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『狩人の宴』が掲載されました。

2007年10月02日

2007年09月
河出書房新社 河出i文庫より、官能アンソロジー『蜜の競艶』が発刊されました。
短篇小説『快感人間ドック』が収録されています。

2007年10月02日

2007年08月
日刊ゲンダイにて、短篇小説『絶頂スポーツクラブ』の連載が始まりました。
毎週土曜日のみ掲載・計6回 
今回はスポーツクラブを舞台にしたストーリーです。
(連載終了 ケータイサイトから読むことができます)

ゲンダイ携帯新書    http://104book.jp/
2007年08月07日

2007年07月
竹書房 月刊誌『ナマイキッ!』(超癒し系美少女マガジン)に
インタビュー記事が掲載されました。
2007年08月07日

2007年07月
祥伝社文庫『秘戯E』(祥伝社)に、短篇小説『比翼の鳥』が収録されました。

2007年07月17日

2007年07月
桃園書房『小説CLUBロマン』に、短篇小説 『スカートの中身』が掲載されました。

2007年07月17日

2007年07月
サンケイスポーツ主催、『性ノンフィクション書き方講座』(全4回)

日時と講師は下記のとおりです。

07月07日   睦月影郎先生

07月14日   草凪優先生

07月21日   鷹澤フブキ

07月28日   館淳一先生

各土曜日、各回に評論家の永田守弘先生、あるいは桑原茂一先生が
用語、テクニックを解説します。


性体験を告白したいが、どう書けばいいか?
そんな方に官能小説の第一人者が、体験手記・官能小説の書き方を
懇切丁寧に指導します。
受講資格は18歳以上です。


時間    午後1時から午後4時
会場    日本ジャーナリスト専門学校
       (豊島区高田、JRなど高田馬場駅下車、徒歩約12分)
参加費   1回、5000円   4回通しだと1万5000円(当日持参)
定員    各回50人(先着)


申し込み  はがきに『性ノン講座参加』と受講希望日、住所、年齢、職業、
        電話番号を明記のうえ、

        〒100−8693  東京都中央郵便局私書箱1112号
                         おはよう面『性ノン講座』係  へ

電話     03−3275−8948
FAX     03−3243−8492

電話、FAXでも受け付けます。


おはようサンスポ  『性ノンフィクション書き方講座』



昨年は参考資料としてSMのお道具類を広げたところ、SMモードに突入して
しまいました。
取材に来ていたSM未経験の記者さんを縄で縛ったりと、超実践的なSM講座
になってしまいました。

もちろん、今年もヤッちゃいました。
ナース服姿で講座を行い、友人のライターの女性を軽く縛ってみました♪
2007年06月10日

2007年06月
2007年06月21日発売のKKベストセラーズ 『月刊BOMBER』に
グラビア&官能小説『新人銀行員の恥辱セクハラ写真』が掲載されました。

2007年07月25日

2007年06月
2007年06月02日よりサンケイスポーツにて、
SMチックなコラム『ソフトSMのすすめ』の連載が始まりました。
                 (毎週土曜日掲載)
2007年05月30日

2007年05月
2007年05月21日発売の綜合図書 『特選小説』
短篇小説 『アフターファイブは別の顔』が掲載されました。

2007年05月30日

2007年05月
2007年05月21日発売のKKベストセラーズ 『月刊BOMBER』に
グラビア&官能小説『堕とされたハーフ美女アナ』が掲載されました。

2007年05月30日

2007年04月
2007年04月21日発売のKKベストセラーズ 『月刊BOMBER』に
グラビア&官能小説 『汚れされたウェディングドレス』が掲載されました。

2007年04月24日

2007年04月 
2007年04月16日発売の桃園書房『小説CLUBロマン』
短篇小説 『リベンジする女』が掲載されました。

2007年04月24日

2007年03月
2007年03月21日発売の綜合出版『特選小説』
短篇小説『やっぱり、女は・・・・・』が掲載されました。

2007年03月26日

2007年02月
2007年02月に発売された
集英社の『週刊プレイボーイ 2007年03月05号 NO.10』の
「甦れ! 美しいクンニ日本」という記事の中にコメントが掲載されました。

「クンニもしない男にフェラしてやる義理はない! 
だいたい、挿入だけで女をイカせられるって思ってる男に限って
イカせてないんだよね」」

「クリトリスは基本的なポイントだけど、開発不足のコだと痛がったり
嫌がったりする。
以下省略・・・・・」

嫁入り前の娘とは思えない発言かも・・・・・。
2007年03月26日

2006年01月
2007年01月03日からスポーツニッポンにて
官能小説『嬲られたいの』の連載がスタートしました。

連載終了
二見書房マドンナメイト文庫より「巨乳OL〜恥辱の調教〜」として発売されています
2006年12月13日

2007年01月
2007年01月16日発売の桃園書房『小説CLUBロマン』
短篇小説『リセットする女』が掲載されました。

2006年12月13日

2006年12月
2006年12月21日発売の綜合出版『特選小説』
短篇小説『カタイのがいいの』が掲載されました。

2006年12月22日発売の祥伝社『小説NON』
短篇小説『比翼の鳥』が掲載されました。

  
2006年12月13日

2006年08月
2006年08月07日発売の『週刊現代』(講談社)08月19・26日号の
『カノジョに音読させたい「官能小説」はこの10冊』のコーナーに、
二見書房マドンナメイト文庫『巨乳クイーン〜教えてあげる〜』が取り上げられました。
2006年08月08日

2006年07月
2006年7月に
サンケイスポーツ主催の「告白・官能小説の書き方教室」が開講されました。

その中で7月15日(土)に行われる『女流作家デー』の講師を務めました。

その模様が2006年07月31日発売の
朝日新聞社 『AERA』(08月07日号)に掲載されました。
2006年08月08日

2006年07月
2006年07月18日、二見書房マドンナメイト文庫より、
「巨乳クイーン〜教えてあげる〜」が出版されました!。

これは2004年05月から2005年07月まで、週刊プレイボーイにて連載していた
「フェロモン調教師」を改題、加筆修正したものです。

2006年07月06日

2006年07月
2006年07月、祥伝社 祥伝社文庫から
官能アンソロジー『秘本卍』が発売されました。

小説NONに掲載された『銀玉パラダイス』が
収録されています!。

これはパチンコをテーマにした作品です!。

2006年07月14日

2006年07月
2006年07月に
   サンケイスポーツ主催の『告白・官能小説の書き方教室』が開講されます!

昨年はのべ221人が参加されました。
その中で7月15日(土)に行われる『女流作家デー』の講師を務めます。



『告白・官能小説の書き方教室』が開催されます。

開講日(各土曜日)
07月01日    取材デー       館淳一先生
07月08日    男性作家デー    館淳一先生  牧村僚先生  安達瑶先生
07月15日    女流作家デー    菅野温子先生  鷹澤フブキ
07月22日    エディターデー    双葉社  太田出版  桃園書房
07月29日    ドキュメントデー   牧村僚先生  太田出版

各講座の最後に文芸評論家・永田守弘先生が、官能小説によく使われる表現をピックアップ。
過去の作品からさまざまな表現の仕方を解説していきます。


時間  午後01時30分〜03時30分


場所  日本ジャーナリスト専門学校  豊島区高田2−6−7

池袋東口から渋谷行き都バス・池86、学習院下1分
JR高田馬場駅から徒歩約13分


参加費  各回 5000円    5回通し 2万円(当日持参)


申し込み  サンスポおはよう面
TEL03−3275−8948    月〜金 13時〜19時
FAX03−3243−8492    毎日24時間


締め切り  06月28日
2006年06月09日

2005年05月
2006年05月27日(土)発売の日刊ゲンダイより、
官能小説の連載が始まりました!

タイトルは『快感人間ドック』。
毎週土曜日、計6回の連載です!

(連載終了 ケータイサイトから読むことができます)

ゲンダイ携帯新書    http://104book.jp/
2006年05月13日

2006年04月
2006年04月05日に発売された
『ダカーポ』581号(マガジンハウス)の『クライマックス』と
いうコーナーで、太田出版から発売されている
『社長秘書〜誘う指先〜』が取り上げられました。

2006年04月06日

2006年03月
2006年03月07日に太田出版、太田新書より
書き下ろし官能小説が出版されました。
タイトルは『社長秘書 〜誘う指先〜』です。



「どうしたの?。 まさかイッちゃったりしていないわよね?」

新入社員の川原和輝は、有能でセクシーな社長秘書、
憧れの里村真穂の部屋で思わず精を漏らしてしまった。

妖しく下着の上を蠢く指先にこみ上げる悦びを抑え切れ
なかったのだ。

真穂の倒錯した指技は次第に大胆になってゆく。

菊座を抉られながら、陰茎をしごきあげられる快感は
和輝を虜にした。

受付嬢、マドンナの皐月までが性宴に加わり、ついに
この世のものとは思えない、男の噴射がエンドレスで・・・・・。



女流作家は数々いれど、リアルに男性に潮を吹かせた
経験があるのは・・・・・きっと・・・・・私だけじゃないかしら?

男性もホントに潮を吹くんですよね。
これにはチョットびっくりしちゃいました♪。

麗しくエッチなお姉さまの魅せるテクニックが満載です!


男性だけでなく、是非女性に読んで戴きたいなと思っています。

男性を身悶えさせるエッチなテクニックは、
女性にとって殿方を虜にできる強力な武器ですもの♪

2006年03月04日

2005年12月
2005年12月下旬発売の祥伝社発行『小説NON 01月号』に
短篇小説「銀玉パラダイス」が掲載されました。
これはパチンコを題材にした作品です。

昨年はマイブームのパワーストーンの天珠をテーマに「欲望の珠」を
書きましたが、今年は銀玉です。
期せずして、タマタマシリーズになりました。

2005年12月23日

2005年12月
2005年12月14日、祥伝社 祥伝社文庫から
官能アンソロジー『秘本Z』が発売されました。

小説NONに掲載された『欲望の珠』が
収録されています!

これはマイブームのパワーストーン「天珠」を
テーマにした作品です!

2005年12月02日

2005年06月
 2005年06月月下旬、宝島社から発行されている
『WILD STYLE vol.4』の『ワイルドスタイルSEX予備校』のコーナーに、
講師としてのコメント記事が掲載されました。

私が担当したのは、2時間目の国語
『マンガ&文学に学ぶ! 勝てるSEXテクニック』のコーナーです!。 

2005年06月01日

2005年03月
2005年03月上旬に徳間書店、徳間文庫より
官能アンソロジー『淫戯』が発売されました。

私は刺青師『彫梛』を描いた、
『役者の肌』という作品を執筆しています。
『彫梛』シリーズの四作目です。

今回も内容的に若干悩む箇所がありました。
「ホワイト・タトゥー」を使ってと考えたのですが、リアルでは無理なので
止めておきました。

自分自身の身体に、刺青をドッカリと入れているだけに、刺青については
嘘を書いたり、リアリティのないことを書いたりするのってイヤなんです。

「ワタクシ、刺青にはこだわりがありますからーっ!」

そこで、親しくさせて戴いている、三代目彫よし様、初代彫蓮さんに
ご相談を致しました。
監修(相談役)はプロの彫り師さんなのです。
これって、結構スゴイでしょう。
伊達に自分自身の身体に、刺青をドッカリと背負っちゃいませんわ。エヘヘ。
アドバイスをしてくださった、お二方にはスペシャルサンクスでーす。

2005年03月01日

2004年10月
2004年10月22日発売予定の祥伝社発行『小説NON 11月号』に
短篇小説「欲望の珠」が掲載されました。
これはマイブームのパワーストーンを題材にした作品です。

なぜか、本職の占い師の方からも代打を頼まれる私・・・・・。
今回の作品では、タロットを使ってみました。

また、パワーストーンに関しては、茨城県取手市の駅ビルに入っている
お店や、千葉県柏市の柏駅のホームから見えるお店『パンプル・ムース』
(ストーンズ・ギャラリー)の方に相談に乗って戴きました。

2005年10月08日

2004年10月
2004年10月中旬に廣済堂出版、廣済堂文庫より
官能アンソロジー『柔肌』が発売されました。

これは「他社のものとは一味違う、官能アンソロジー」を目指すシリーズです!

私は刺青師『彫梛』を描いた、
『運命の女・ファムファタル』という作品を執筆しています。
『彫梛』シリーズの三作目です。

今回も内容的に若干悩む箇所がありました。
自分自身の身体に、刺青をドッカリと入れているだけに、刺青については
嘘を書いたり、リアリティのないことを書いたりするのってイヤなんです。

「ワタクシ、刺青にはこだわりがありますからーっ!」

そこで、親しくさせて戴いている彫なみお姉さま、彫蓮さんにご相談を致しました。
監修はプロの彫り師さんなのです。
これって、結構スゴイでしょう。
伊達に自分自身の身体に、刺青をドッカリと背負っちゃいませんわ。エヘヘ。
アドバイスをしてくださったお二方には、スペシャルサンクスでーす。

2005年10月08日

2004年07月
2004年07月20日発売の『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)にて、
【大興奮ワイド】
『男の巨匠たちにはないリアリティ世界  「美女エロス作家」を貪り尽くす!』
という特集記事が組まれ、その中にインタビュー記事が掲載されました。

よーし、徳間書店さん公認ということで、今後は『美女エロス作家』という肩書きを
使おうかしら。(・・・・・冗談です!) 
2005年10月08日

2004年06月
月刊『THEMIS』7月号の
「女流作家が耕す「官能小説」の新しい魅力」
という記事の中に、私に関する記述が掲載されました。 
2005年10月08日

2004年06月
私がコラム「女王様がおしえてアゲル」を連載している、
『人妻の本当にあった淫らな話』のタイトルが変わりました。
新しいタイトルは、『本当にあった淫らな話』です。

今後とも変わらぬご愛顧をお願いいたします。
発売元は一水社。
お求めはコンビニなどでどうぞ。 
2005年10月08日

2004年05月
2004年05月18日発売の
『週刊プレイボーイ』(集英社)より、官能小説の連載がスタートしました。

完全会員制ポルノ小説
秘蜜クラブは今夜も大盛況!
『フェロモン調教師  いぢめてあ・げ・る』

私にとって、初めての週刊連載。
イラストは天竺浪人先生でーす。 
2005年10月08日

2004年05月
2004年05月に
SKYPerfecTV ch.279 『MONDO21』にて、
SMに関する番組『SMに憑かれし者たち』が放映されます。
出演者は、作家『北原童夢』先生、調教師『志摩紫光』氏、
美の革工芸『松本万実』氏など・・・・・。
私も対談コーナーと、実践的なプレイのコーナーに出演しています。
メガホンを取ったのは、アノ名作『スパンキング・ラブ』の監督でもある、
田中昭二監督でーす!。

夜中のモンド21スペシャル『SMに憑かれし者たち』
放映日程
5/14・28(金)    24:00〜24:30他

『SMの魅力に憑かれた者たちにスポットを当て、
作家北原童夢のナビゲーションのもとSMの世界に迫る。
SMの語源が“マルキ・ド・サド”、“マゾッホ”に遡ることから考えても、
実に精神的深みを持った世界である。
そこで私たちは禁断の果実を見つけてしまうに違いない』 
2005年10月08日

2004月04年
2004年04月26日に、コアマガジンから発売された
『ニャン2倶楽部 SMマニアックス』の『美麗クイーンインタビュー』という
コーナーにインタビュー記事が掲載されました。

『SMマニアックス』は、超ハードな調教をしている素人の方の投稿作品や、
SM情報・グラビアなどを扱っているマニア専門誌です。
現在は、季刊で発行しています。 
2005年10月08日

2004年04月
2004年04月19日に、バウハウスから創刊された
『漫画ジャンクションVol.1』に、『刺青艶華』(しせいえんか)が掲載されました。

原作を私、鷹澤フブキが、作画をドラマティックタトゥーコミック『文身百華艶』で、
お馴染みの『摩周子先生』が担当した、オールカラーの作品です。
私が刺青を入れるに至った経緯などが描かれた作品です。

  
2005年10月08日

2004年04月
2004年04月16日発売の一水社『人妻の本当にあった淫らな話Vol.12』号より、
『女王様がおしえてアゲル』という新連載が始まりました。

人妻のチョットHなお悩みに、現役の女王様でもある、
女流官能作家『鷹澤フブキ』が、ズバリお答えしちゃおうというコーナーです!
購入は書店、コンビニなどでどうぞ!

2005年10月08日

2004年03月
2004年03月10日に、
ワニマガジン社から『かべ耳劇場』という雑誌が創刊されました。
私も創刊号に、コラムを掲載しています。ワーパチパチ。
私のコーナーでは、SMチックな仰天ネタを扱っています。

2005年10月08日

2004年01月
2004年01月27日発売の「週刊プレイボーイ」 2/10号(集英社)の
『男ならキミも芥川賞を獲ってみないか!? 完全執筆マニュアル付』というコーナーに、
とっても短いですがコメント記事が掲載されました。

行数の関係から割愛されましたので、ここで原文を・・・・・.

振り向いてくれない男の背中を蹴りたいだなんて、ったくネンネはイジらしいわよね。
SM経験も恋愛経験も豊富な私だったら、Mっぽい男性ならば、『鞭でシバキたい背中』・『拡げたいアヌス』になっちゃうし、男気のある殿方の前では子猫ちゃんモードになっちゃう。
狙った獲物はゼッテー墜とす位のガッツと手管がなくちゃ、立派なビッチにはなれませんや。
それにピアスだって、自分に開けるよりもチ○コに開けた方が気持ちイイに決まってるじゃない。(女性が・・・・・)ケケケ。
柳の下の話題作を狙うならば、『チ○コに真珠』とかってどーかしらね。
しかし、ピアスにタトゥーで芥川賞かあ。
背中一面に刺青を入れてSMやってる私としては、ノーベル文学賞をキボンヌって感じですわ。 
2005年10月08日

2004年01月
2004年01月中旬に、二見書房マドンナメイト文庫から新刊が発売されます。
タイトルは『美少年オーディション』です。
最新作のミストレス物です!

子役モデルだった美少年が麗しいお姉さまたちに導かれ、倒錯の世界へと
堕ちていきます。
330ページを超える長編ロマンです。
美しい女性に弄ばれてみたいという願望を持つ方、M嗜好の男性には、
是非ともお勧めです。

現役バリバリの女王様でもある『鷹澤フブキ』の描く、ミストレスワールドです!

ご購入は駅売店などでどうぞ・・・・・。

通信販売については、下記の二見書房のHPをご覧ください
http://www.futami.co.jp/madonna/index.html



   著 書 紹 介 へ 
2005年10月08日

2003年12月
「週刊実話」(日本ジャーナル出版)2004年1/8・15号の
『正月休みはこの官能小説にハマれ!』というコーナーに、
『淑女たちの愛玩美少年』が掲載されました。 
2005年10月08日

2003年12月
2003年12月22日発売の『P−Zone』(グローリー)の
「性を売る女たち」というインタビューコーナーに、取材記事が掲載されました。
2005年10月08日

2003年11月
タトゥー専門誌『タトゥーバースト』(コアマガジン)に
2003年10月に、新松戸昭和ロマン館で行われた、日本出版美術家連盟展の
オープニングパーティに出席した際の写真と記事が掲載されました。
(とっても小さいモノクロ記事なので、お見逃しなく・・・・・)
漫画家の摩周子先生とのツーショットです。 
2005年10月08日

2003年10月
廣済堂出版、廣済堂文庫より官能アンソロジー『同窓会』が発売されました。

これは「他社のものとは一味違う、官能アンソロジー」を目指すシリーズです!

私は刺青師『彫梛』を描いた、『蒼い痕跡』という作品を執筆しています
『彫梛』シリーズの二作目です

2005年10月08日

2003年09月
小妻要先生の2004年豪華限定カレンダーと、
豪華限定刺青画集『藍の華』が発売されました!

私もモデルを務めています。

2005年10月08日

2003年07月11日
男性向け情報誌『夜遊び隊 8月号』(メディアックス)の
「今月のピックアップインタビュー」のコーナーにインタビュー記事が
掲載されました!

私の近況などについても掲載されています

     雑誌などに掲載された記事へ 
2005年10月08日

2003年06月
廣済堂出版、廣済堂文庫より官能アンソロジー『スイートルーム』が発売されました。

これは「他社のものとは一味違う、官能アンソロジー」を目指すシリーズです!

私は刺青師『彫梛』を描いた、『桜の宿』という作品を執筆しています

2005年10月08日

2003年
毎月28日発売の『S&Mスナイパー』 (ワイレア出版)にて、
装いも新たに新連載がスタートいたしました。

タイトルは「SM的 フブキ的」。
フブキ節、炸裂です。ご期待くださいませ!

「SMパーティ襲撃ルポ」
「SM伝言ダイヤル・
   SMテレクラ太公望 M男一本釣り日記」
に続く連載です。

スナイパーでの連載も、間もなく丸8年を超え、9年目に突入しようとしています!
(^^)
2005年10月08日

2003年02月18日
二見書房、マドンナメイト文庫より、書き下ろし小説が発売されました!

タイトルは『淑女たちの愛玩美少年』。

久しぶりのミストレス物です!

ご購入は、駅売店、書店、二見書房の通信販売などでどうぞ!

2005年10月08日

2003年04月上旬
雷鳥社から
「女流作家が10人が教えるあなたにも書ける官能小説」
という本が出版されました!

著 山瀬 よいこ   定価1,500円(税別)

女流作家へのインタビューをまとめた本で、私もインタビューを受けました。

私の官能作家デビューまでの道程などがまとめられていますので、
興味のある方は是非、ご一読を・・・・・。

2005年10月08日

2003年04月01日
ポット出版から
『ワタシが決めた2』という本が出版されました!

四六変型判・並製    320頁 
定価2,000円(税別)   4-939015-49-1
『ワタシが決めた2』    編●松沢呉一
 2000年10月に発行した『ワタシが決めた』の第二弾。

イメクラ・売り専・街娼・ソープ・ヘルス・ホテトル……など、性産業で働く人たちによる文集です。
日ごろ思っていること、過去の体験など、自分の仕事にまつわることをテーマに書いています。

私は性産業で働いているという意識はないのですが、現役のプライベート女王様でもあるということで、編者である松沢呉一先生から、執筆の依頼を戴きました。

松沢先生には、以前にプライベート女王様として、何度かインタビューを受けたことがあります。

   ☆ 薔薇ノ樹ニ薔薇ノ花咲ク

   ☆ 実録 SM伝言ダイヤル SMテレクラ活用法

の二編を掲載しています!

2005年10月08日

2002年10月
マイウェイ出版から発刊された、『SM秘小説』の「表紙」の刺青女性の
絵のモデルは私です!

小妻要先生がとても綺麗に描いて下さって、大感激です!

2005年10月08日

2002年10月11日
『日刊ゲンダイ』の「SEX快楽倍増講座」に、初心者の方向けに
ソフトSMを薦めるという内容のコメント記事が掲載されました。
2005年10月08日

2002年08月
『週刊実話』に、「女流官能小説作家のSEX」というインタビュー記事が
掲載されました。  
2005年10月08日

2011年02月17日





※  重  要  ※

   当サイトに記載された文章及び写真、当サイトのURLなどを無断・無許可で、
   他のサイト・掲示板・出版物などに記載・転載・引用することは固く禁じます!

   ご理解とご協力をお願い致します。



鷹澤フブキ



戻る
戻る

女流官能小説作家『鷹澤フブキ』トップページ